エクオールが作れない人とは?その原因は食の変化に合った!
ロゴ

エクオールが作れなくても安心!今はサプリで補える時代

エクオールが作れない人とは?その原因は食の変化に合った!

レディ

若い人ほど生産数が足りない

年代別に見ると最もエクオールが作れないのは、20代で約1割程度でした。これは欧米食が日本に浸透してきたことが原因です。40代~50代では20代の約半分の方が、エクオールが作れず悩んでいます。ただ、そんな人たちのためにエクオールサプリが手助けをしてくれるのです。

大豆製品を好む国はエクオールを作る能力がある

欧米のように、大豆をあまり食べない国は日本に比べてエクオールの生産数は落ちてしまいます。ちなみに日本でも多くの方がエクオールを作れていませんが、国別でみると骨粗鬆症の発症リスクが大変低く、また更年期障害による不調の訴えも国別でみたらかなり少ない方です。

様々な研究がされている

一部では、エクオールの効果に疑問を投げかける人もいます。実際に長期間飲んでみて効果が得られなかったなどの話も飛び交っていますが、様々な研究でエクオールが更年期障害によくあるホットフラッシュの改善に成功したことも判明しています。さらに肩こりや首のこりもエクオールで改善できた方もいるので、効果がないと決めつけるのはまだ早いでしょう。

地域で分かれるエクオールの生産性

関東

関東近辺には、野菜や大豆といった食材を使ったヘルシーなお店が多く、また朝食には納豆、豆腐といった大豆製品を好んで食べる傾向にあります。最近は現代病を予防するために食事も健康食に切り替わっています。

関西

関東に比べて、納豆を食べる習慣が少ない関西は他の地域に比べるとエクオールの生産数が若干低めです。最近疲れやすいという場合は、今後のためにもエクオールが含まれた大豆製品や野菜を積極的に摂取しなければならないでしょう。

最も売れているエクオールサプリ

no.1

医師と共同開発した製品

どれをを選んだらいいのか迷った時に選ばれているのが、医師と共同開発したエクオールサプリです。エクオールが作れる人とそうでない人関係なく飲めるサプリで、男女が抱える体の悩みを一掃してくれます。また、エクオールを影でサポートするラクトビオン酸も含まれているので効果は二倍です。

no.2

コスパがいいもの

エクオールサプリは医薬品ではないので、飲んですぐ効くわけではありません。最低でも三か月ぐらいは飲み続けなければならないため、一日に数百円という非常にコスパがいいサプリはよく選ばれています。

no.3

エクオールが沢山含まれているサプリ

一日に必要なエクオールの量は10㎎なので、この数字に近いものを購入しましょう。よく購入されているエクオールサプリは、5から6㎎のエクオールが配合されているので、体内へしっかり取り込めます。

no.4

安全性の高いもの

長い間お世話になるサプリなので、添加物の有無は確認しておくべきですよ。製品によっては、ステアリン酸マグネシウムが含まれていることもあるので、健康に気を遣っている方にはおすすめしません。

no.5

美容成分が含まれたサプリも人気

追加成分として、ヒアルロン酸やプラセンタが一つの粒に含まれるエクオールサプリも人気商品です。エクオールを増やしながらもちもち肌へ生まれ変われるので、更年期障害にありがちな肌トラブルと決別できます。

広告募集中